視力低下でお悩みの方は 京都/桂視力回復センターへご相談下さい。

京都の視力回復トレーニング 京都・桂視力回復センター HOME > トピックス

トピックス

2007年09月04日

勉強しても視力低下しないために

30分勉強すれば、休憩して遠くの景色を凝視しよう。
勉強の合間に、3分間の目の体操をしよう。

睡眠の前には夜空を見ましょう。
勉強で緊張した毛様体筋の疲れを取ります。

睡眠時間を十分とりましょう。
小学生で10時間中学生以上8時間最低でも7時間は必要です。

生活習慣を改善しよう

生活習慣と視力はおおきく関係があります。

視力の低下は、姿勢・勉強・照明・栄養・テレビ・ゲームなど日常生活と切り離せない生活習慣から始まる例が多いのです。

あなたの気付かない生活の悪習慣を学近の長年の研究と全国的なデータを基礎にチェックして、あなたの生活習慣改善の指導をいたします。

■姿勢 背筋をまっすぐ伸ばし正しい姿勢で勉強しましょう。

■照明 明るすぎても目に悪い
 蛍光灯より電球のほうが目によい

■栄養 朝食は必ず食べよう。
 食べ物の好き嫌いをなくそう。
 甘いお菓子は食べ過ぎないように

■テレビ テレビを見る時間は30分正しい姿勢で2m離れてみよう

2007年07月07日

近視の種類

一般的に近視の種類はおおきく仮性近視・屈折性近視・軸性近視の3つに分けることができます。

1.仮性近視・偽近視・学校近視
一番治りやすい近視で、近業を連続して続けることで毛様筋が緊張した状態です。
この状態では毛様筋の緊張を解いてやれば、回復するのではあるが、長く癖づいた毛様筋の緊張をほぐすには視力回復トレーニングが必要となります。

2.屈折性近視
仮性近視の状態でほうっておくと、3ヶ月~1年くらいの間でこの屈折性近視になってしまいます。
仮性近視のうちにトレーニング法などで視力を回復しておくのがいちばんであるが、屈折性近視の場合でも重度でなければ、訓練で回復することができます。

3、軸性近視
近視の中で厄介な部類に入るのがこの軸性近視です。
眼球が大きくなりそれ自体がだ円形にゆがんでしまった状態です。
先天的な遺伝によるところが大きいといわれており、強度の近視になり網膜剥離をおこしやすい。進行性近視や悪性近視とも呼ばれている。

近視の原因

仮性近視や近視になる原因は、人によってさまざまですが、主な原因として読書などによる目の近業の連続、テレビを近くで見たときの強い光、また本人の体力や体質によるものといわれています。
一般的によく考えられがちな「遺伝による近視」というものは全体のわずか5%(推定値)にすぎません。
いかに生活習慣など、後天的な要素が大きくかかわっているかがわかります。

遺伝が原因の近視でなければ治る可能性があります。
近視の主な原因は普段の生活習慣によるものが大きいようです。
当桂視力回復センターでは、お客様一人ひとりの生活習慣を把握し各自に最適の視力回復健康・トレーニング法を提供いたします。
少しでもわからない点、不安な点お気軽にお問合せください。

京都の視力回復トレーニング 京都・桂視力回復センター HOME > トピックス

  文字の大きさ 文字の大きさ 標準 文字の大きさ 大 文字の大きさ 特大
スタッフ募集お問い合わせ サイトマップ
京都 桂視力回復センター