視力低下でお悩みの方は 京都/桂視力回復センターへご相談下さい。

京都の視力回復トレーニング 京都・桂視力回復センター HOME > 近視について > なぜ視力が回復するのか?

視力回復トレーニングで視力が回復する理由

小児科学には

京都桂視力回復センターでは投薬・注射・手術など医療行為ではなく、人間の自然治癒力を十分に発揮させることによって視力回復を図るトレーニングをご提供しています。

「室内凝視訓練法」と呼ばれる視力回復トレーニングによって視力の回復を図ります。昔から、遠くの山の景色などを見て視力を良くするという方法が知られていますが、「室内凝視訓練法」は、それを室内で行えるようにした視力回復方法です。
室内凝視訓練法は、2.5m~5.0mの間の遠くと、近くのものを交互に見つめ、目の毛様体筋を動かし、遠近調節の力を伸ばすトレーニング方法です。この室内凝視訓練法で見つめる目標物としては、ランドルト氏環(視力検査で使われる Cのようなマーク)を使ったトレーニング盤を使用します。

センターから遠くて通えない人でも、当センターの視力回復トレーニングは一度習えば訓練することができます。

望遠訓練は効果があることは有名です

「遠くの山や、星を見よう!」と昔から言われているように、「望遠訓練」がいいことは知っておられる方が多く、眼科教科書にも記載されています。

また実際も望遠練習にはいろいろな方法が行われてきましたが、なかなか成果が上がらないものばかりでした。


桂視力回復センターのトレーニング法はここが違う!

従来の望遠練習■従来の望遠練習法■
「漠然と遠くを眺めている」あるいは、単に「遠くのほうを見ている」など、見えるものを見ているに過ぎませんでした。


新しい視力回復トレーニング■桂視力回復トレーニング■
「遠くのものをはっきり見ようとする意志、意欲を強く加えた見つめ方」が水晶体を薄くする強い作用にまでつながり、視力回復が図れるのです。



京都の視力回復トレーニング 京都・桂視力回復センター HOME > 近視について > なぜ視力が回復するのか?

  文字の大きさ 文字の大きさ 標準 文字の大きさ 大 文字の大きさ 特大
スタッフ募集お問い合わせ サイトマップ
京都 桂視力回復センター